What is M3D ?

とは?
M3D とはメモリー 3 次元立体という意味です。
各細胞分子の化学構造式は全てアミノ酸の結合体によって組み合わされております。
中心には必ず炭素(= C )があり、あらゆる有機体の基となっています。これに窒素(= N )や水酸基(= OH )などが複雑に立体結合してアミノ酸を作り、またその連結でペプチドを形成し最終的に一種のタンパク質が完成しています。このように C を中心に N や OH などの原子や低分子の立体接続があらゆる細胞の成分(タンパク質・脂質・糖質・ミネラル液など)を形にしているのです。
この立体構造を記憶する活動的なミネラル原子が覚醒ミネラルとして自然界における最上位の力を発揮して細胞の作り変えを行なう能力を M3D と呼んでいます。

今までのミネラルと「M3D完熟ミネラル」の違いは?
まずミネラルを大きく分けると 3 つに分類できます。

* ①不活性ミネラル
* ②活性ミネラル
* ③覚醒ミネラル

の 3 つです。

①の不活性ミネラルとは………….
人工的に抽出したミネラル分子。自由運動を失った死骸と言えます。
②活性ミネラルとは………….
電気・磁気的に刺激を与えられ不規則に動き、結合力は弱いミネラルと言えます。
③の覚醒ミネラルとは………….
自然の力だけで時間をかけ完熟し規則的に動き、活動力・結合力が強いミネラルです。

「M3D完熟ミネラル」はミネラル水とはどう違う?
水とは、あくまで H2O 分子の集合体を言います。ここにミネラルが溶け込んだものがミネラル水と呼ばれています。
この場合あくまでも水を主体としており、溶け込んだ不活性ミネラルがむしろ生体からエネルギーを奪ってしまいます。
それに対し覚醒ミネラル液とは、高エネルギーを保持できるため、弱った生体(髪・細胞など)に働きかけ元気にしていく力を持っていると推定されています。
また実際の現象から、ピコテク(1兆分の1の技術)のレベルに至っている可能性も否めません。

なぜ薬剤に入れれば髪が良くなるのか?
電子を欲しがる活性酸素を生む合成化学物質(薬液成分)をそのままにカラーやパーマを行なえば当然対象のキューティクルやタンパク質などのマトリクスは破壊されてしまいます。
これは強制的な化学反応で電子の共有結合を解き、完全に元に戻さないで反応を終えるからです。
結合部の電子が欠けた細胞に残った電子も即座に活性酸素によって攻撃され、崩壊してしまいます。
そこで、着目されたのが電子を飛ばすマイナスイオン(=つまり電子のことです)でした。
しかし、既にマイナスイオンドライヤーで髪の内部の抜け落ちたタンパク質が再生したりキューティクルが復活したりすることはありません。これは、元の電子と同じ活性力を持っていないからです。

天然型覚醒ミネラルなら自然界の持つ 3 次元の設計図を記録していて、かつ活性力があります。この天然覚醒ミネラルが活性酸素を除去しながら、化学反応を精密にこなし、速やかな傷口の修復を担ってくれるのです。だからこそ M3D システムによるカラーやパーマを重ねれば重ねるほど、修復度は増していき改善され易くなるのです。

なぜ、アイロンの 180 度の熱にもダメージの毛先が耐え、ツヤを出すのか?
覚醒ミネラル液の電子軌道運動はものすごいスピードであり、一旦水素結合や共有結合をすれば外部からの些細な熱や衝撃には動じないのです。
キューティクルのタンパク質補修にはアミノ酸合成のためにむしろ 200 度程度の加熱は必要な条件なのです。そのようにして、キューティクルの補正を加速させる結果、天使の輪ができるわけです。
また、内部の水酸基も強靭な共有結合・水素結合をしているため、水分が維持し続けられるので硬化が起こらず、毛先までしなやかな軟らかさを実現できるのです。

M3Dカラーの色持ちが良いのはなぜ?
色素分子も共有結合によって成り立っています。また、周りのタンパク質とも共有結合で組織体を構成しています。
この共有結合の主役である電子のスピン回転が高いまま維持することで分子構造の破壊が起こらず色が安定するわけです。
また、色素分子の振動も高いことで、外部からの光の波長を奇麗に跳ね返すため、色が鮮明に写ることになるのです。

M3Dで根元からのプリン現象が回避されるのはなぜ?
通常皆さんが視覚で確認している色彩には明度・彩度・色相・光沢があります。
これら全てに共通して影響を及ぼしているものは水分の量です。その証拠にウエットヘアー時では全てが黒く見え、明度・彩度・色相の差は正しく確認できません。
ドライするとその色の差は鮮明になり、プリン現象もはっきり現れます。完全ドライ時の差は明確です。
これは色素が多い少ないだけではないことの証明となります。
つまり水素結合を伴う水酸基の残量の差異が光の反射量を変え、主に明度に違いを出してくるため黒い・黄色いと認識されるのです。

ここに着目して改善したのが覚醒ミネラル液の水素と酸素原子です。
水酸基の配分を察知し、新生部の多すぎる水酸基の結合を解除するバランスで働きかけ、これにより明度と光沢の均一化が実現します。

さらに不足した毛先の色素分子も中間部の量と構造式を読み取り、化学反応を用いて分子の物質化を起こすものと考えられ、このことが実現すると色相や彩度までもが均一化するという話になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする